編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Office 2010」の価格体系を発表

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉

2010-01-06 10:03

 Microsoftが「Office 2010」の価格を発表した。最大の変更は、ユーザーが製品キーコードのみ記載されたカードを購入することにより、箱入りのパッケージ版より支払い額を低く抑えられる点だ。

 現在ベータ版が公開中で2010年中に最終版が登場するOffice 2010は、「Office Home and Student」「Office Home and Business」「Office Professional」「Office Professional Academic」という4つのバージョンで提供される。留意すべきは、製品キーカードはPC1台にしか使えないが、パッケージ版はPC2台にインストールできる点だ。ただしHome and Studentは例外で、最大3台までの利用がライセンスされる。

 Office Professionalに含まれるのは、「Word 2010」「Excel 2010」「PowerPoint 2010」「OneNote 2010」「Outlook 2010」「Publisher 2010」「Access 2010」、プレミアムテクニカルサポート、ブラウザベースの「Office Web Apps」で、パッケージ版は499ドル、製品キーカードは349ドルとなる。学生と教育者向けのOffice Professional Academicは99ドルで、学校の書店や一部小売店で購入できる。

 Office Home and Studentはパッケージ版が149ドル、製品キーカードが119ドルで、内容はWord 2010、Excel 2010、PowerPoint 2010、OneNote 2010、Office Web Appsとなる。「Family Pack」に含まれるものを入手した場合は、同一世帯内の3台のPCで利用できる。

 一般向けの新しい選択肢となるHome and Businessは、Home and Studentの内容にOutlook 2010が追加され、ビジネス用途にライセンスされるもので、パッケージ版が279ドル、製品キーカードが199ドルで販売される。

 Microsoftはまた、Office 2010のベータ版はダウンロード数が200万件を突破したことを発表した。

 OfficeゼネラルマネージャーのRachel Bondi氏は、米国時間1月5日のブログ投稿で次のように述べた。「この数字をわかりやすくすると、1日あたり4万件を超える割合でダウンロードされている。おおよそ、毎年開催されるボストンマラソンのランナーの2倍、ワシントン州オリンピアの人口、あるいはメリーランド州アナポリスの人口が、毎日Office 2010をダウンロードしている計算になる!」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
office-professional-plus-2013-のコード  Office-Professional-Plus-2013-アップグレード  Office-Professional-Plus-2013-ダウンロード版  Office-Professional-Plus-2013-タブレット  Office-Professional-Plus-2013-のキーコード  Office-Professional-Plus-2013-のコード  Office-Professional-Plus-2010-タブレット  Office-Professional-Plus-2010-のキーコード  Office-Professional-Plus-2010-のコード  Office-2010-アップグレード  Office-2010-ダウンロード版  Office-2010-タブレット